演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
公演 チケットプレゼント 劇団 学生劇団 劇団員募集 劇団旗揚げ ワークショップ オーディション 劇場ホール 稽古場・レンタルスタジオ 劇団のお手伝い 舞台製作 脚本・シナリオ 観劇仲間・友達募集 演劇トーク
スポンサードリンク
▼スポンサードリンク▼


劇団にこっとちゃ茶・第18回定期公演「お願い!タイムマシーン」(関東)
主催者名劇団にこっとちゃ茶
データ登録日: 2017/07/01 13:35
お問い合わせ:  < info@nicocha.jp>
ホームページhttp://nicocha.jp


<公演名>お願い!タイムマシーン
<脚本・演出>知念正文
<音楽>雨宮賢明

<公演日>2017年8月4日(土)・5日(日)
<開演時間>
8月4日(土)18:00開演(17:30開場)
8月5日(日)11:00開演(10:30開場)
8月5日(日)15:00開演(14:30開場)

<会場>入間市産業文化センター
<アクセス>西武池袋線入間市駅より徒歩12分

<チケット料金>
前売
・こども1,000円/おとな1,800円
当日
・こども1,200円/おとな2,000円

<あらすじ>
日吉家のパパが、骨董品の時計を買ってきた。
それは、なんとタイムマシーンだった。
日吉家は江戸時代に来てしまった。
家族はてんやわんや。
そんな中、お姉ちゃんのゆきなが竜之介という若侍に恋をした。
しかし、竜之介は、かつて吉良家の者。
忠臣蔵の事件後、吉良家を潰した家老・柳沢吉保の命を狙っていた。
けれど、仇討は失敗。
竜之介とゆきなは追われる身に。
そこへ未来助という男が助太刀に入った。
実は、未来助は未来人で、作っていたタイムマシーンが手違いで動いてしまい、江戸時代に来てしまったのだ。
そして、その未来助が作ったマシーンが巡り巡って、パパが買って…、ということだったのだ。
迫り来る追っ手。
未来助は、10年がかりで完成させたタイムマシーンを家族に譲る。
タイムマシーンは起動して、家族は自分たちの時代へ。
その時、未来助は、自分がゆきなと竜之介の孫だと気付くのだった。

<お問い合わせ>
メール:info@nicocha.jp
ホームページ:http://nicocha.jp

Page: 1 |


劇団名「公演名」
および
エリア

情報をトップへソート
劇団名
E-Mail(劇団連絡先)
ホームページ
(任意)
パスワード (記事メンテ時に使用・忘れないでください)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
公演の詳細情報

▲自由に編集してかまいません。

   クッキー保存
Presented by THEATER PLANETS