演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
公演 チケットプレゼント 劇団 学生劇団 劇団員募集 劇団旗揚げ ワークショップ オーディション 劇場ホール 稽古場・レンタルスタジオ 劇団のお手伝い 舞台製作 脚本・シナリオ 観劇仲間・友達募集 演劇トーク
スポンサードリンク
▼スポンサードリンク▼


迷子の遊園地 東京公演【離々として連々】�(東京)
主催者名迷子の遊園地
データ登録日: 2018/10/12 19:53
お問い合わせ:  < work@maigo.link>
ホームページhttps://maigo.link/


静岡・浜松を拠点にする迷子の遊園地 2018年12月 初の東京公演

誕生日には悪魔がやって来る。狙うは独りでいる子供。生まれたその日は一人ではなかったのに、一体いつ独りになってしまったのだろう。

迷子の遊園地 東京公演【離々として連々】
2018.12.1−2
サブテレニアン(板橋区氷川町46-4 B1F)

12/1 14:00/19:00
12/2 13:00/18:00
※開場時間は各30分前 ※上演時間:90分(予定)

料金
[前売]一般2500円/学生1000円
[当日]一般3000円/学生1500円
※学生…高校以上/受付にて学生証提示 ※中学生以下の入場不可

チケット(10月20日開始)
[カンフェティ]https://www.confetti-web.com
[イープラス]http://eplus.jp
[劇団ウェブサイト]https://maigo.link

公演サイト
https://maigo.link/riri/

ちぎれ、散乱し、現実?虚構?…不明な景色
これは誰の話でもなく、誰の話でもある


妹・チナの誕生日の前日、彼女が姉・サチの部屋から持ち出したのは本?人形?それともその両方?思い出そうとする立ちに違う”お話”の中に彼女は居る。

一つの連なったはずの記憶はちぎれ、散乱し、あべこべになったり、不明になったり……自分が誰かも、いくつかも、此処が何処かも、錯覚してしまう。知っているあの日に、知らないあの日がある。それを知りたい。

心引き裂かれ、そして知る。無知と未知の果て ― 迷子の遊園地が平成最後の年に贈る人間物語。それは時代の遺言か?新時代への幻想か?自分の見えない風景の存在を知った時、新たな"誕生日"を迎える。


「迷子の遊園地」1997年旗揚げ。静岡県浜松市に拠点に"自分たちの物語"を模索し続ける劇団。台詞のリフレインが感情を繊細に描き、静寂を巧みに取り込んだ緊張感ある演出が虚構の空間に現実を生み出す。シニカルに、シリアスに、"いま"を生き抜く事に喘ぐ醜く美しい人間と向き合い続ける。今作が初の東京公演。いま一度旗揚げの思いで、次なるステージに挑みます。

Page: 1 |


劇団名「公演名」
および
エリア

情報をトップへソート
劇団名
E-Mail(劇団連絡先)
ホームページ
(任意)
パスワード (記事メンテ時に使用・忘れないでください)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
公演の詳細情報

▲自由に編集してかまいません。

   クッキー保存
Presented by THEATER PLANETS