演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
公演 チケットプレゼント 劇団 学生劇団 劇団員募集 劇団旗揚げ ワークショップ オーディション 劇場ホール 稽古場・レンタルスタジオ 劇団のお手伝い 舞台製作 脚本・シナリオ 観劇仲間・友達募集 演劇トーク
スポンサードリンク
▼スポンサードリンク▼


劇団青年座第245回公演『アルビオン−白亜の地イングランド』(東京)
主催者名劇団青年座
データ登録日: 2021/03/24 11:37
お問い合わせ:  < info@seinenza.com>
ホームページhttp://seinenza.com


公演名:『アルビオン−白亜の地イングランド』
公演日: 2021年5月21日(金)〜30日(日)
開演時間:22・23・24・26・29・30日=14:00開演
     21・25・27・28=18:30開演
    ※新型コロナウイルス感染状況により、
     開演時間変更の可能性がございます。 


作:マイク・バートレット
翻訳:小田島則子
演出:伊藤大
出演者:名取幸政、山野史人、青木鉄仁、前田聖太、鹿野宗健
   五味多恵子、津田真澄、小林さやか、安藤瞳、世奈、那須凜

〇あらすじ
 ロンドンで自社ブランドを立ち上げ成功を収めたオードリーは事業を縮小し、かつて叔父が暮らしたオックスフォード州の大邸宅を買い取った。そこを20世紀初頭の「英国式庭園のある屋敷」に戻すためである。
 ケンブリッジ大学を卒業し出版社に勤めていた娘のザーラも、作家を目指しともに移住する。
 邸宅の大改修にとりかかったオードリー。
 長年そこで働いていた掃除婦、新たにそこで働くことになったポーランド人、娘ザーラが思いを寄せる友人のキャサリン、戦死した息子の恋人アナなど、さまざまな人たちとの葛藤の中でオードリーが「英国式庭園」に執着する理由が浮かび上がってくる。


〇チケット料金
 一般前売:5,500円(当日6,000円) 
 前半割引[5/21〜23]:4,800円(当日5,300円)
 *U25(25歳以下):3,500円 
 *U18(18歳以下):2,000円
 *グループ割引(同一日4名):18,000円
 *名刺交換割引(HP参照):5,000円
*=青年座のみ取扱い・U25とU18は当日受付精算のみ(身分証提示)

〇会場
 俳優座劇場(六本木)

〇アクセス
 日比谷線六本木駅4b出口徒歩5分/大江戸線六本木駅6出口すぐ

〇お問い合わせ
 劇団青年座 03‐5478-8571 FAX03-3465-0335
 

Page: 1 |


劇団名「公演名」
および
エリア

情報をトップへソート
劇団名
E-Mail(劇団連絡先)
ホームページ
(任意)
パスワード (記事メンテ時に使用・忘れないでください)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
公演の詳細情報

▲自由に編集してかまいません。

   クッキー保存
Presented by THEATER PLANETS