このトピックスはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
公演 チケットプレゼント 劇団 学生劇団 劇団員募集 劇団旗揚げ ワークショップ オーディション 劇場ホール 稽古場・レンタルスタジオ 劇団のお手伝い 舞台製作 脚本・シナリオ 観劇仲間・友達募集 演劇トーク
スポンサードリンク
▼スポンサードリンク▼


劇団青年座(東京)
情報登録者名製作
データ登録日: 2011/03/26 07:33
ホームページhttp://seinenza.com/index.php


本公演は五月紀伊國屋サザンシアター、鈴木聡作、宮田慶子演出『をんな善哉』で始まる。多くのラブコールに応え、高畑淳子が登場する。バブルの洗礼を受けたキャリア女性が両親の残した下町の甘味処をつぎ、女将として活躍する人情喜劇。10月青年座劇場では、ふたくちつよし作、黒岩亮演出『ごきげんよう、さようなら(仮題)』。私たち誰もが迎える高齢者問題を作者のふたくち氏は笑いにまぶして描く。8月3回目の青年座・セレクションは宮本研作『ほととぎす・ほととぎす』。1980年「五人の作家による連続公演」の1本として上演された話題作を須藤黄英が演出。また12月「青年座交流プロジェクト」として『欲望という名の電車』を上演。演出には文学座の鵜山仁氏を招く。外の風を取り込んだ交流公演。そして2作品が全国へ。5、6月『黄昏』が静岡県、11、12月『妻と社長と九ちゃん』が中部・北陸の各演劇鑑賞団体へ旅立つ。各地で感動の出会いを重ねて行く。

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1−53−12
電話番号:03−5478−8571

Page: 1 |


Presented by THEATER PLANETS