演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
公演 チケットプレゼント 劇団 学生劇団 劇団員募集 劇団旗揚げ ワークショップ オーディション 劇場ホール 稽古場・レンタルスタジオ 劇団のお手伝い 舞台製作 脚本・シナリオ 観劇仲間・友達募集 演劇トーク
スポンサードリンク
▼スポンサードリンク▼


★公開講座参加者募集中★つくり手にこそ、今必要なこと「2050年の劇場環境のために」(東京)
登録者名劇場創造アカデミー
データ登録日: 2021/07/29 16:48
お問い合わせ:  < academy@theatre-koenji.jp>
ホームページhttps://za-koenji.jp/academyhp/openschool.html


劇場創造アカデミー舞台芸術公開講座@座・高円寺2021

〜つくり手にこそ、今必要なこと〜
「2050年の劇場環境のために −7冊の補助線から考える」  

★講師 高宮知数

2050年、確実に迫りくる人口減少。年金も医療費も教育費も何もかもが不足する時代、COVID―19によって顕在化しはじめた激しく長期的な社会の変動に立ち向かうために、7冊の補助線から劇場環境を考える。

〇日程 9月15日〜12月22日 19:00〜21:00 座・高円寺にて
〇対象 俳優・演出・劇作家・制作者、舞台芸術に携わる方(全日参加可能な方を優先)
〇定員 12名(先着順)ZOOM視聴も可能。
〇参加費(8日間) 一般:8,000円/杉並区割6,400円/U−30割4,800円 オンライン視聴も同上。
〇申込締切 9月1日(水)
〇申込方法 劇場創造アカデミーHPをご確認ください。

*講義内容*
@(9/15)バウマンを手掛かりにポスト教養主義モデルを考える
A(9/29)持続化給付金は自ら生み出すしかない
B(10/13)パフォーミングアーツはNFTアートになりうるのか
C(11/3・祝)ゲスト対談:中村陽一先生を迎えて
D(11/10)疾走する身体が街を見いだす
E(11/24)インターネット3.0の光と影
F(12/8)強権時代の気負わない越境交流
G(12/22)劇場の生存根拠を千年単位で考える
       
≪講師プロフィール≫
■宮知数(マーケティング・プロデューサー/プロジェクト・デザイナー)
立教大学社会デザイン研究所研究員。立教大学大学院兼任講師。東日本国際大学地域振興戦略研究所客員教授。 (株)ファイブ・ミニッツ代表。

■ゲスト講師:中村陽一 
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授、社会デザイン研究所所長

Page: 1 |


劇場名
および
都道府県

情報をトップへソート
管理者名
E-Mail(連絡先)
ホームページ
(任意)
パスワード (記事メンテ時に使用・忘れないでください)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント(ご自由にご記入ください)


   クッキー保存
Presented by THEATER PLANETS