演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
公演 チケットプレゼント 劇団 学生劇団 劇団員募集 劇団旗揚げ ワークショップ オーディション 劇場ホール 稽古場・レンタルスタジオ 劇団のお手伝い 舞台製作 脚本・シナリオ 観劇仲間・友達募集 演劇トーク
スポンサードリンク
▼スポンサードリンク▼


★★★1回2,500円。インプロ(即興劇)形式で学ぶ、東京の演技/演劇ワークショップ(演技経験者向け)★★★
劇団名劇団SUN
データ登録日: 2017/06/26 23:16
お問い合わせ:  < info@geki-sun.net>
ホームページhttp://www.geki-sun.net


実践(台本演技)に向けた日替わりの演技エクササイズ+エクササイズを応用できる簡単な台本演技(※進捗により異なります。メニュー詳細は劇団SUN公式サイト☆毎週月曜日夜更新!今週のメニューはこちら!☆をご確認ください)を行う演技経験者向けのクラスです。自分のペースで都度、必要な演技スキルを体験したい(学びたい)方にお勧めです!

――下記、主な演技エクササイズ――
@テレビ・ラジオと技術効果を使った演技エクササイズ
Aシチュエーションの題材を使った演技エクササイズ
B話し方と五感と仕上げのエクササイズ
C【感情】のエクササイズ
D【キャラクター】の演技エクササイズなど。

◆日時◆
・毎週、日曜日19:00〜22:00。

◆スタジオ◆ 
※7/1(日)からは吉祥寺「モリノスタジオ」に変わります。ご注意ください。

6/24(日)まで▼
・高円寺「フェニックススタジオ」
(東京都杉並区高円寺南2-53-1)。
中央線「高円寺駅」より徒歩7分。

7/1(日)から▼
・吉祥寺「モリノスタジオ」
(東京都三鷹市下連雀1-17-4 GRATO井の頭公園2F)。
中央総武線「吉祥寺駅」より徒歩14分。

◆料金◆
・【単発】1回2,500円(WS終了後にお支払いをお願い致します)。
・【途中参加(定期メンバー)】月1万円(4週月計算。※特権:5週月、5週目日曜日の参加費が通常2,500円→2,000円で受講可能。他。1か月更新。稽古月初めにお支払いをお願い致します)。
・【ご見学】無料。

◆途中参加(定期メンバー)特権◆
・5週月、5週目日曜日の参加費が通常2,500円→2,000円で受講可能。

◆お申込み◆
劇団SUN公式サイトより。
http://www.geki-sun.net

◆講師◆
劇団SUN代表、篠山俊。
脚本家・演出家・俳優。1990年2月20日生まれ。2014年、劇団SUN旗揚げ。同年4月、下北沢、本多劇場グループ「楽園」にて「OKAMA.Bar『おひげちゃん』」を上演。2014年〜2017年、映像制作及び執筆に没頭。2017年3月、ART THEATER かもめ座にて「問題作・湿った町の少年」を上演。2017年4月よりWS講師を務める。情熱的かつ論理立てた講義は具体的で分かりやすいと好評を博し、参加者は102名(2018年5月現在)を超え、今も増え続けている。



◆劇団SUNとは◆
2014年、俳優として活動していた篠山 俊の個人団体として旗揚げ。同年に本多劇場グループ「楽園」にて旗揚げ公演、同じく自主制作映画「Stray Dog」を公開する。2015年、女優/制作の上村 愛が入団。2016年、各局TVドラマや映画制作等の現場で助監督を務めている横内 喬が映像マネジメントとして加入し、現在の活動の骨組みが完成する。2017年、裏方担当のKUROKO、女優の白井あんが、2018年には俳優の古村勇太が加入した。
現在は舞台、映像制作、各局TVドラマや映画等の制作協力に力を入れつつ、創作を志す仲間を求め演技ワークショップの開催を行っている。

◆主な作品及び関連作品◆
・劇団SUN制作/舞台「OKAMA.Bar『おひげちゃん』」
・劇団SUN制作/映画「Stray Dog」
・早見あかり主演/Amazonプライム「福家堂本舗」
・水野真紀主演/テレビ朝日「司法教官・穂高美子」
・劇団SUN制作/舞台「問題作・湿った町の少年」
・志田未来主演/フジテレビ「ウツボカズラの夢」
・上村 愛主演/1110プロヂュース公演「コーヒーが冷めないうちに」※累計発行部数84万部突破、本屋大賞2017ノミネート、映画化も決定した話題の小説の原作舞台。
・上村 愛出演/Nijigen FILM制作映画「楽園グラデーション」新人監督映画祭コンペティション部門長編ノミネート。
・...etc.


◆Viola SpolinのImprofication for the Theater (即興術)を使った演技レッスンとは?◆
1939年、アメリカの演技コーチ『ヴァイオラ・スポーリン』発案の俳優訓練方法です。 日本では主に『シアターゲーム』と呼ばれ、出題されたミッションをクリアしていく事で、演技に必要な『知性(知り、考え、判断する力)』『身体の使い方』『心の解放』を習得します。 このレッスン法はアメリカ演劇界に独創的な変化を与え、またその功績は演劇の枠を超え、教育、心理学のカリキュラム研究、非行少年更生施設など、今現在も尚、幅広い分野で注目を集め続けています。



◆ワークショップ生の声(2017年分より抜粋)◆
・丁寧。順を追って進めていくので、演技初心者には最適!経験者としては雑になっていたところに気づかされるし、感覚でこなしてきた『技術』が明確になっていくのが面白い。
・みんな真剣ですが、笑いもあり和やかでアットホームだと思います。評価の時も、思ったこと感じたことを言いやすい雰囲気なので、できていなかったらできていないと評価されて、再チャレンジになります。それ故にそのミッションをクリアする為に必要な感覚をちゃんと理解&体感できてから次のミッションに進めるので、着実に積み重ねていける感覚があります。
・なかなか基礎を学べる機会がなかったので、心機一転学んでみようと思いました。毎回、毎回、今まで教わってこなかった課題がミッションとして言い渡され、最初は苦戦しますが、出来た時の達成感と楽しさは、私にやりがいをくれます!雰囲気も和気あいあいとしていてとても集中も出来てやりやすいです!
・体の使い方やイメージの仕方が感覚的に体感できるのでわかりやすい。姿勢を今までより意識するようになった。私生活で、より鮮明にイメージできるように細かく意識して動くようになった。
・(講師の人柄について)本当に演劇がお好きで情熱を持っていらっしゃるんだなぁというのが伝わってきます。すごく思考の深い方で、論理的に分析するのが得意なんだと思います。なので伝えてくださる時も分かりやすいです。


◆お問い合わせ◆
ご見学も大歓迎!お気軽にお問い合わせください!!
Mail: info@geki-sun.net
※必ず受信が出来るように設定をお願い致します。通常24時間以内に返信をしておりますが、万が一届かなかった場合はround_rab@yahoo.co.jp までご一報ください。

毎週月曜(夜)「今週のメニュー」更新中!
劇団SUN公式サイト
http://www.geki-sun.net

Page: 1 |

Re: ★★★1回2,500円。インプロ(即興劇)形式で学ぶ、東京の演技/演劇ワークショップ(演技経験者向け)★★★&#65533;(東京) ( No.2 )
日時: 2018/06/12 23:32
名前: 劇団SUN  <info@geki-sun.net>
参照: http://www.geki-sun.net

今週!6/24(日)の内容は以下です♪

●テレビ・ラジオと技術効果●
■テレビエクササイズ
・ミッション…見ること、見られること。
・概要…4人以上(監督1人、カメラマン1人、演技者複数)。監督が配役を決めて、演技者に演じるシーンを与える。はっきりした「場所」を決めること。シーンは(大きなシーンの一部などの)簡単なものにして3、4分以内に抑えること。
 キャスター付きの舞台用の大きなスポットライトや、延長コード付きの写真撮影用の投光器、または懐中電灯などを使ってカメラに見立てる。照明器具は、つけたり消したりできることが重要である。マイクとイヤホンは、電池とワイヤーで簡単に作ることができるだろう。この2つは、エクササイズに大きな楽しみをもたらすが、なくてもいい。
 カメラマンがアップで近づいたり、ロングショットで下がったりしながら、照明を使ってシーンを「撮影」する。生徒/演技者は、照明が当たるところからでしかどんな構図が撮影されているのかをしることができない。照明がカメラの目、つまり撮影されている構図なのだ。
 プレイヤーはカメラを使わないドライリハーサル(※衣装やメイクなしの稽古)で通し稽古をしてみる。監督が所々に変更を加える。カメラマンがウォームアップで寄ったり下がったりする。そしてカメラの照明が付き、放送開始となる。

■特徴(年齢、体重、気質、外見など)を伝える台本演技
・ミッション…特徴、シーン前後、「どこで・誰が・何を」などを伝えよ。
・概要…用意された台本をもとに、各プレイヤーで特徴リスト(年齢、体重、気質、外見など)と、シーン前後、「どこで・誰が・何を」などを用意し、決められたセリフの中で、「どこで・誰が・何を」などを伝える。

●技術効果●
■舞台と技術効果の融合A
・ミッション…舞台上の作業に適切な技術効果を融合させること。
・概要…舞台と舞台裏にそれぞれ2人以上を配置して行う。全員で「どこで・誰が・何を」を決める。「どこで」は、技術係に多くの機会を与える場所(森、砂漠、家、農場など)にすること。
 舞台上のプレイヤーはシーンを展開しながら「外が暗くなってきた……。嵐が来ると思う? もう雄鳥が鳴くころだ……」といった言葉や身体表現を使うことで、舞台裏のプレイヤーにキュー(合図)を出さなければならない。終わったら役割を交代する。

■舞台と技術効果の融合B
・ミッション…技術係が提示する効果に応じて、プレイヤーがシーンを演じること。
・概要…Aと同じ。ただしこのエクササイズでは、まず技術係が照明と効果音を出し、舞台上のプレイヤーがこれらの効果を利用して即興をしなければならない。

など。
メンテ
Re: ★★★1回2,500円。インプロ(即興劇)形式で学ぶ、東京の演技/演劇ワークショップ(演技経験者向け)★★★(東京) ( No.3 )
日時: 2018/06/21 12:56
名前: 劇団SUN  <info@geki-sun.net>
参照: http://www.geki-sun.net

公式Twitter
@gekidanSUN
メンテ

Page: 1 |

タイトル
および
都道府県

情報をトップへソート
劇団名
E-Mail(劇団連絡先)
ホームページ
(任意)
パスワード (記事メンテ時に使用・忘れないでください)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント(ご自由にご記入ください)


   クッキー保存
Presented by THEATER PLANETS