演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
公演 チケットプレゼント 劇団 学生劇団 劇団員募集 劇団旗揚げ ワークショップ オーディション 劇場ホール 稽古場・レンタルスタジオ 劇団のお手伝い 舞台製作 脚本・シナリオ 観劇仲間・友達募集 演劇トーク
スポンサードリンク
▼スポンサードリンク▼


彼ノかえる時
タイトル岩本憲嗣
データ登録日: 2014/03/30 19:11
お問い合わせ:  < gumba1227@hotmail.com>
ホームページhttp://page.mixi.jp/view_page_information.pl?page_id=121020&module_id=657454&from=menu


※本作は連作短編朗読劇<冬ニ咲ク桜>の中の1作として上演された作品です。


<本作あらすじ>

彼女は信じ続けていた。
そのノートの繋いだ笑顔の軌跡。
そして、彼の紡いだ明日への奇跡を。

見上げた空には眩い輝き。
そう、彼は帰ってきたのだ。

……一冊のノートの繋いだ3篇の笑顔の物語。
これは、そのその終着点とも言えるもう一つのエピソード。



<連作短編・冬ニ咲ク桜あらすじ>

彼女たちは笑った。
その想いがやがて明日に繋がることを信じて。

そう、その笑顔の先にはいつもその桜の樹があった。
池の畔には立派な桜の樹があった。
桜の樹にはが大切な想い出があった。
想い出を守る為に彼女は誓った。
誓いはやがて一冊のノートに姿を変えた。
ノートは時を超え今も旅をする。
彼女たちの笑顔を創るために。

いびつな形の小さな出逢い。
そこから生まれた終ることのない運命の大樹。

平成・幕末・大正
駆け抜ける時の中で舞い落ちる三篇のキセキ。

これは、時と運命に導かれた3つの笑顔の物語。

Page: 1 |


タイトル
情報をトップへソート
管理者名
E-Mail(連絡先)
脚本の公開ホームページ
(任意)
パスワード (記事メンテ時に使用・忘れないでください)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント(ご自由にご記入ください)


   クッキー保存
Presented by THEATER PLANETS