演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト・演劇365ドットコム
日本全国の演劇情報ポータルサイト
スポンサードリンク
▼スポンサードリンク▼


【演劇人の書棚】いまの演劇の最前線を紹介する現代演劇書の決定版!「演劇最強論」(飛鳥新社)
劇団名演劇ニュース配信
データ登録日: 2013/07/25 11:41
ホームページhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4864102066/ref=as_li_tf_il?ie=UTF8&tag=theaterplanet-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4864102066



いまの演劇の最前線を紹介する現代演劇書の決定版!

現在活躍する若手作家たちは、演劇を表現の場として選びながらも、演劇のみならず、映画、音楽、美術や小説、マンガなど様々なジャンルをごく自然に作品の中に取り込んでいます。その一方で、60年代、80年代小劇場ブームの立役者たち(あるいは、そこから今に至るまで第一線で活躍する作家たち)の精神性も、潜在的なかたちで引き継ぎ、やはり作品のなかに引用しています。そのジャンルオーバーな作品性と、世代を超えたつながりを通して、現在活躍する演劇人や演劇シーンを紹介する、現代演劇書の決定版!

【主な内容】
舞台写真(巻頭カラー約30P)/小劇場作家ガイド/演劇人インタビュー/座談会/著者2名による論考、コラム等

★インタビュー
★座談会
佐々木敦(批評家/HEADZ代表)、徳永京子、藤原ちからによる座談会
★小劇場作家ガイド
★演劇人BOOK・MOVIE・MUSICアンケート
★論考/コラム
カンゲキことはじめ/「演劇しかない」から「演劇を選んだ」の時代へ/演劇DNAはいたずらでしぶとい(協力:扇田昭彦)/デートでダメな芝居を観た時の逆転法/脱・東京中心の演劇へ/一億総俳優時代の名優たち/「三月の5日間」以後の演劇/さよなら、子宮で書く女性劇作家 など

304ページ
出版社: 飛鳥新社 (2013/8/31発売予定)
ISBN-13: 9784864102063


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4864102066/ref=as_li_tf_il?ie=UTF8&tag=theaterplanet-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4864102066


Presented by THEATER PLANETS